パチンコのマルハンが大阪に「韓流テーマパーク」開業

パチンコの大手企業のマルハンが、大阪で日本初となる「韓流テーマパーク」を開業することを発表しました。
なんでも4階建ての建物で、その中には韓流スタープロデュースの衣料品、グッズ販売店、飲食店などが入り、
韓流スターのショーなどが楽しめる多目的ホール「K−POPホール」も併設されるとのこと。
正直、このニュースには本当に驚きました。だって、今の韓国との微妙な関係や韓流自体がオワコンになっているからです。
どうみても日本の空気を読んでいないとしか思えません。
私は別に嫌韓というほど、韓国に対しての嫌悪感はないけれど、好きではないのは確かです。
あれほど興味を示した韓流ドラマも、今では全く興味がないので、もう私の中では韓流のピークは過ぎてしまいました。
もうブームは去ったとしか思えないのに、なぜこのタイミングで韓流のテーマパークなんかを作るのかなと、首をかしげたくなります。
でも、このマルハンという会社は在日系の企業なので、韓国寄りの動きをみせても何らおかしくないんですよね。
一応、年間目標は売上50億で、なんと300万人の来場者数を見込んでいるそうです。
新宿の大久保でも、以前ほどの賑わいがなくなっているというのに、この規模となると赤字になるんじゃないのかなと。
大阪という街が、コリアンタウン化していくのだけは見たくないなという感じです。